スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 オス猫1匹去勢手術しました。
2017年12月10日 (日) | 編集 |
まるでフーテンの寅さんのように、ふらっと現れてウォーン!ウォーン!雄叫びをあげていた白キジくん

ふっくらしてキレイなので、外飼いの猫かと思っていましたが、聞き込みをした結果、飼い主のいない猫と判断し去勢手術をしてきました。

01

02

領収書

手術費用、レボリューション代はバザーの売り上げとご寄付を使わせていただきました。

オスも去勢手術をすることにより発情時の雄叫び鳴きが無くなり、他の猫とのケンカも減ります。
結果、住宅街などで猫の鳴き声による騒音被害が軽減します。
餌を与えている方は地域で猫が嫌われ者にならないためにも、不妊去勢手術を施し一代限りの生を全う出来るようにしてあげて下さい。



スポンサーサイト
 オス猫1匹去勢手術しました。
2017年06月05日 (月) | 編集 |
昨年の秋頃から、地域猫活動現場に姿を見せるようになったオス猫ですが、人慣れしていたので外を自由にしている飼い猫だろうと思っていました。

5月ころ現れた時に餌を食べられなかったのか?かなり痩せてしまっていたので、給餌をしながら様子を見ていましたが、飼い猫では無いようなので去勢手術を行いました。

01

02

03


手術費用、レボリューション代はバザーの売り上げとご寄付を使わせていただきました。


オスも去勢手術をすることにより発情時の雄叫び鳴きが無くなり、他の猫とのケンカも減ります。
結果、住宅街などで猫の鳴き声による騒音被害が軽減します。
餌を与えている方は地域で猫が嫌われ者にならないためにも、不妊去勢手術を施し一代限りの生を全う出来るようにしてあげて下さい。



--小さな命を守る会がお手伝いしていること--
・捕獲道具、搬送用ケージの貸し出し
・捕獲のアドバイス、協力
・協力動物病院のご紹介
・地域や自治会への働きかけ
※猫の保護、引き取りは行っておりません。



捕獲や手術のご相談は↓メールフォームからお願いします。
http://form1.fc2.com/form/?id=04a9302e112b0140


 オス猫1匹去勢手術しました。
2017年05月05日 (金) | 編集 |
最近は相談者さんが自力で捕獲をして去勢手術をしてくれているので、捕獲器の貸し出しや動物病院の紹介だけで、久しぶりの捕獲となりました(^^;

01_20170505175609e61.jpg

昨年末から、時々姿を見せていた白黒のオス猫、4月に入って続けざまに現るようになったので、聞き込みをしたところ飼い主のいない猫だとの事で、捕獲をして去勢手術をして来ました。

02

03

手術費用、レボリューション代はバザーの売り上げとご寄付を使わせていただきました。


オスも去勢手術をすることにより発情時の雄叫び鳴きが無くなり、他の猫とのケンカも減ります。
結果、住宅街などで猫の鳴き声による騒音被害が軽減します。
餌を与えている方は地域で猫が嫌われ者にならないためにも、不妊去勢手術を施し一代限りの生を全う出来るようにしてあげて下さい。


--小さな命を守る会がお手伝いしていること--
・捕獲道具、搬送用ケージの貸し出し
・捕獲のアドバイス、協力
・協力動物病院のご紹介
・地域や自治会への働きかけ
※猫の保護、引き取りは行っておりません。


捕獲や手術のご相談は↓メールフォームからお願いします。
http://form1.fc2.com/form/?id=04a9302e112b0140



 オス猫1匹去勢手術しました。
2016年11月23日 (水) | 編集 |
3月末に、突然餌場に姿を現すようになったオス猫がやっと捕獲出来ました。

モフ01

どこかの飼い猫か?餌やりをしている人がいるのか?と思いチラシを町内の回覧板で回して貰ったりしましたが情報は入らず・・・

体が大きくて、他の地域猫たちを襲うので一刻も早く捕獲して手術をしたかったのですが、警戒心が強くてなかなか捕獲出来ずに8ヶ月も掛かってしまいました。


モフ02

20日(日)に去勢手術をして、猫風邪の症状もあったので管理人宅で術後ケアに3日間ケージ保護をして
今朝、リリースをしましたが暫くすると、また餌場にやって来ました(^^;

モフ03

今回の去勢手術は地元の動物病院で行い、町の助成金を利用することにしたので費用は管理人が負担。
(まだ1件も申し込みが無く、このまま助成金が無くなるとまずいので・・・)



オスも去勢手術をすることにより発情時の雄叫び鳴きが無くなり、他の猫とのケンカも減ります。
結果、住宅街などで猫の鳴き声による騒音被害が軽減します。
餌を与えている方は地域で猫が嫌われ者にならないためにも、不妊去勢手術を施し一代限りの生を全う出来るようにしてあげて下さい。


--小さな命を守る会がお手伝いしていること--
・捕獲道具、搬送用ケージの貸し出し
・捕獲のアドバイス、協力
・協力動物病院のご紹介
・地域や自治会への働きかけ

※猫の保護、引き取りは行っておりません。


捕獲や手術のご相談は↓メールフォームからお願いします。
http://form1.fc2.com/form/?id=04a9302e112b0140










 メス猫1匹不妊手術しました。
2016年10月26日 (水) | 編集 |
ご近所の納屋で、出産をしてしまった猫がいると相談がありました。

この三毛猫母さんはあまり子育てが上手ではないようで、10日くらい前に仔猫が1匹亡くなったそうです。
あと2匹の仔猫も、一緒にいた他の猫が世話をしていたようで、母猫は仔猫たちを置いてフラフラと出歩いていました。

三毛02


仔猫たちは風邪を引いていて、栄養状態もあまりよく無かったので、10/22に緊急保護をして母猫は捕獲&不妊手術をして来ました。

三毛01

今回、手術費用は全て相談者さんが負担してくださいました。

緊急保護した仔猫たちは、体調が安定してから里親募集をしますのでよろしくお願いいたします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。