スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  「住民活動ふれあいまつり2017
2017年10月15日 (日) | 編集 |
生憎のお天気でしたが、今年も「住民活動ふれいあまつり」に参加しパネル展&バザーを行いました。

01

02

今年もハンドメイド作品を中心に、猫モチーフの雑貨などをご支援いただき販売しました。


03

飼い主のいない猫についても相談も数件・・・

連絡先をお渡しした方から、後日具体的な相談があれば良いなと願います。

04

05

雨降りで肌寒かったせいか、午後になると人出もだんだんと少なくなってしまいましたが、お陰さまでバザーは例年と大差ない売上となりました。

作品をご支援して下さった皆さま、会場に足を運び購入して下さった皆さま、ありがとうございました。

バザーの売上は15,330円、募金は8,798円でした。
飼い主のいな猫の手術代として大切に使わせていただきます<(_ _)>






スポンサーサイト
 日本の保護犬猫の未来を考えるネットワーク
2017年04月17日 (月) | 編集 |
マスコミへの露出も多い、動物愛護団体ピースウィンズ・ジャパンが「殺処分ゼロ」を掲げて活動をしているにも関わらず、犬の不妊去勢手術を否定している件で、日本の保護犬猫の未来を考えるネットワークが公開質問状をピースウィンズ・ジャパンに行いました。

小さな命を守る会も賛同団体として登録をしています。

3月15日付けで送付した公開質問状に、ピースウィンズ・ジャパンより4月7日にご回答をいただいたそうです。

その内容がホームページにアップされていますのでご覧下さい。

ピースワンコジャパンへの公開質問状

https://inunekonet.wixsite.com/openletter-pwj





 飼い主のいない猫の手術相談を受けました
2017年02月11日 (土) | 編集 |
町役場経由で、飼い主のいない猫の手術の相談がありました。


昔からの集落で、地域猫活動にするのは難しい地域だと言うことで、いつもお世話になっている動物病院をご紹介し、捕獲のアドバイスをして来ました。


そして現在、飼い犬が2頭、飼い猫が7匹いるとの事でしたので、もし10匹になってしまった場合は、保健所に多頭飼養の届出もして頂くようパンフレットをお渡しして来ました。


こちらのお宅には、だいぶ昔から犬や猫を捨てて行く人が後を絶たなかったそうです。

改正ポスター

どれほどの抑止力があるか解りませんが、道路から見える場所にポスターも掲示するようにお渡しして来ました。


 新顔現る
2017年01月17日 (火) | 編集 |
地域猫活動の現場に、見慣れない猫が姿を見せるようになりました。

流れ猫

どうもオス猫のようです。

もう猫たちの恋の季節になったのでしょうか?
この猫以外にも、白黒の猫も1~2度見かけました。

ご近所に聞き込みをして、飼い主のいない猫でしたら手術のお願いをしてみます。




 「住民活動ふれあいまつり2016
2016年10月16日 (日) | 編集 |
さわやかな秋晴れの中、今年も「住民活動ふれあいまつり2016」に参加しパネル展&バザーを行いました。

01

今年はハンドメイド作品のご支援をいただき、値段設定も昨年までよりやや高めにしてみました。

03

02

午後からは少しずつ値下げをしましたが、お陰さまで盛況でした!

04

終了間際には、こんなにスッキリ(^^;

05


作品をご支援して下さった皆さま、会場に足を運び購入して下さった皆さま、ありがとうございました。
バザーの売上は18,200円、募金は4,820円でした。
飼い主のいな猫の手術代として大切に使わせていただきます。


今年は同じ建物の3階で、午後2時から3時まで、栄町主催の「地域猫活動説明会」がありました。

説明会が終わった後、地元の団体と言うことで相談者の方が数名やって来ました。

「猫が可愛いから」「のら猫が可哀想だから」と餌を与えていたら、どんどん増えてご近所から苦情が・・・

そうなる前に、1匹~2匹と頭数が少ないうちに不妊去勢手術をしませんか?
自宅敷地にトイレを設置して、置き餌をせず食べ終わったら片付ける。
など、猫への優しさだけでなく、ご近所への配慮もちょっと考えて見ましょう。

そうする事が、結果的に猫たちが安心して暮らせる環境を作ることにも繋がります。
地域のみなさんからも見守り、可愛がって貰えるように少しだけ努力して見ませんか?

そのためのお手伝いは、よろこんでさせて頂きます(*^-^*)





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。