TOP固定記事
2020年12月31日 (木) | 編集 |
『小さな命を守る会』は2013年(平成25年)から栄町の住民活動登録団体として、不幸な飼い主のいない猫(のら猫)を増やさず、飼い主のいな猫に関わる地域トラブルを減らす事を目的とした「地域ねこ活動」の普及、サポートを行っています。



--小さな命を守る会がお手伝いしていること--
・捕獲道具、搬送用ケージの貸し出し
・捕獲のアドバイス、協力
・協力動物病院のご紹介
・地域や自治会への働きかけ


飼い主のいない猫(のら猫)に餌をあげている方は、どうか不妊去勢手術もしてあげてください。
猫は1回の妊娠で2~8匹くらいの仔猫を産み、一年に2~3回発情し、20匹、30匹に増えてしまうのはアッと言う間です。

※のら猫の保護、引き取り、飼い猫の手術費用の助成は行っておりません。



★一緒に活動してくれるメンバー募集中!
・チラシ作り、ポスティング
・手術する猫を動物病院まで送迎
・捕獲後手術するまで1日~3日程度の猫の預かり
・「住民活動ふれあいまつり」でのパネル展&バザー
など

空いた時間に出来る事で、参加出来る方!
不幸な猫を減らすために一緒に活動してみませんか?

捕獲や手術のご相談、活動への参加希望は右サイドバーのメールフォームからご連絡願います。
メールフォームから送信できない場合は、chiisanainochimamorukai★yahoo.co.jpまで(★を@に変えてください)

当会からの「返信メールが届かない」と言う方は、お手数ですが迷惑メールフォルダもご確認をお願いします。
また携帯の方でパソコンからのメール拒否設定をしていると返信メールが届きませんので chiisanainochimamorukai★yahoo.co.jp(★を@に変えてください) のアドレスからのメールを受信許可設定をしてください。

以上の確認をしていただいた上で、一週間経っても返信が無い場合は、お手数ですが再度メールをお送りくださいますようお願いいたしますm(__)m


「猫を保護しているが、里親が見つからないので引き取ってほしい」
「可哀そうな野良猫がいるので保護して、引き取ってほしい」
「◯◯保健所に保護されている子を助けてほしい」 etc・・・
ただ「猫を引き取ってほしい」というお問い合わせは、お受け出来ません。


下記をご一読いただき、「可哀そう」「助けたい」と思った、あなたご自身が出来る範囲で努力してみてください。
丸投げでは無いご相談には、当会でも出来る範囲でご協力させていただきます。
『迷子猫、捨て猫を保護したら・・・』



スポンサーサイト