スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 オス猫1匹去勢手術しました。
2015年08月09日 (日) | 編集 |
町内のあるお宅で餌を貰っていたオス猫を去勢手術して来ました。

02

トラップなどを見ると逃げていたので臆病かと思っていたら、触れるほど人には慣らされていました。

03


ただ他のオス猫に対してすごく凶暴で、管理人宅で世話をしてる地域猫たちを追いかけ回していて、ケンカの鳴き声がご近所の迷惑にもなっていました。

餌やりさんを探し、お願いに行きましたが手術をする意思はなかったので小さな命を守る会で去勢手術とレボリューション(ノミダニ薬)を行いました。


領収書

手術費用、レボリューション代は毎月1日にSnack Mai Cherで開催される「舞ちゃんのおにぎり」に参加された皆さまのご寄付から使わせていただきました。


01

他でもケンカが絶えなかったのでしょう。
足や頭など傷がたくさんありました。

これで少し穏やかになって、ケンカが減ればこの猫さん自身のためにも良いのですが・・・


オスも去勢手術をすることにより発情時の雄叫び鳴きが無くなり、他の猫とのケンカも減ります。
結果、住宅街などで猫の鳴き声による騒音被害が軽減します。
餌を与えている方は地域で猫が嫌われ者にならないためにも、不妊去勢手術を施し一代限りの生を全う出来るようにしてあげて下さい。


--小さな命を守る会がお手伝いしていること--
・捕獲道具、搬送用ケージの貸し出し
・捕獲のアドバイス、協力
・協力動物病院のご紹介
・地域や自治会への働きかけ


捕獲や手術のご相談はメールフォームからお願いします。
http://form1.fc2.com/form/?id=04a9302e112b0140






スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。