オス猫1匹去勢手術しました。
2017年06月05日 (月) | 編集 |
昨年の秋頃から、地域猫活動現場に姿を見せるようになったオス猫ですが、人慣れしていたので外を自由にしている飼い猫だろうと思っていました。

5月ころ現れた時に餌を食べられなかったのか?かなり痩せてしまっていたので、給餌をしながら様子を見ていましたが、飼い猫では無いようなので去勢手術を行いました。

01

02

03


手術費用、レボリューション代はバザーの売り上げとご寄付を使わせていただきました。


オスも去勢手術をすることにより発情時の雄叫び鳴きが無くなり、他の猫とのケンカも減ります。
結果、住宅街などで猫の鳴き声による騒音被害が軽減します。
餌を与えている方は地域で猫が嫌われ者にならないためにも、不妊去勢手術を施し一代限りの生を全う出来るようにしてあげて下さい。



--小さな命を守る会がお手伝いしていること--
・捕獲道具、搬送用ケージの貸し出し
・捕獲のアドバイス、協力
・協力動物病院のご紹介
・地域や自治会への働きかけ
※猫の保護、引き取りは行っておりません。



捕獲や手術のご相談は↓メールフォームからお願いします。
http://form1.fc2.com/form/?id=04a9302e112b0140


スポンサーサイト